コスメティックスの活用法

sponsored link

弱酸性のコスメティックスで洗顔をする

洗顔時にコスメティックスがしみるという場合には、弱酸性のコスメティックスに
変えてみると良いでしょう。
刺激を感じるという事はお肌に合っていないという事ですし、
無理に使ってしまうとさらに肌状態を悪くしてしまう事にもなります。

弱酸性

肌状態というのは体調や年齢などによって変わっていきますので、
その都度お肌に適したコスメティックスを使うようにする事が大切です。
弱酸性のコスメティックスならお肌に低刺激ですので、お肌が弱くなっている時でも
安心して使用する事ができます。

洗顔方法にも気を配る事が大切です。
洗い方によってはお肌にダメージを与えてしまい、その結果お肌が
弱くなっている事があります。

刺激

洗顔時にどういった事に注意すれば良いのかと言いますと、まず泡立ちが挙げられます。
泡立ちが不足しているとどうしても手の平で擦るようにして洗ってしまいます。
その結果、お肌にダメージを与えてしまう事にもなります。 他にも力加減も大切です。

ゴシゴシと擦る事で強い刺激になりますので、力を入れずに泡で優しく洗う必要があります。